【Exhibition】Crystal Universe

teamLab Architectsとして設計とディレクションを担当した『Crystal Universe』が、銀座のPOLA MUSEUM ANNEXで展示されます。

Aug 21 – Sep 27, 2015
POLA MUSEUM ANNEX

 

Concept

この作品は、LEDを3次元上に配置することによって、3次元の動く立体物をリアルタイムにインタラクティブに立体のまま映し出すことが可能なチームラボ独自の「インタラクティブ4Dビジョン」を使い、無数の光を3次元空間に粒子として配置し、宇宙空間における光の動きを表現したインスタレーション作品である。
鑑賞者は、この3次元で表現した映像空間による光の宇宙空間に入り歩きまわることができる。鑑賞者がこの空間に入ることによって空間全体が影響を受けながら、光は永遠と変容し続ける。
光は宇宙空間で絶対的な影響を受けながら変化しつつも、鑑賞者の影響を受けた世界が、鑑賞者中心に刻々とつくられていく。
宇宙を絶対的に創造されつつも、鑑賞者中心にも創造され、この空間の中に入った鑑賞者は光と一体になる。

※スマートフォンのブラウザからアクセスし、宇宙を構成するエレメントの中から一つ選び、「クリスタル ユニバース」に向けてスワイプすることによって、宇宙が創られていきます。

 

By installing LED’s in three-dimensional space, it is possible to create a real time interactive moving 3D art work. Using teamLab’s original Interactive 4D Vision, the Crystal Universe interactive installation art work, consists of a seemingly infinite number of light particles positioned in three-dimensional space.

The Viewer of the art work can enter and walk around in the three-dimensional light space. When the viewer enters the space they will cause a change that will affect the lights in the entire space, and that change will continue to cause change indefinitely. While the light continues to change across the entire universe space, the universe that the viewer causes change in will constantly be created with the viewer at its center.

Whilst the universe continues to be created the viewer at the center of the universe becomes one with the light and body of the universe.

※Access from a smartphone, select a universe element, face the Crystal Universe and swipe towards it to create that element in the universe.