【Exhibition】Donation Design展

日本赤十字社主催の「Donation Design」展に、開発中の「tetla」というプロダクトを海外たすけあいのキャンペーンにあわせて出展しています。

会期: 2015年12月1日(火)~25日(金)
会場: 日本赤十字社本社1階エントランスロビー(港区芝大門1-1-3)
トークイベント: 2015年12月15日(火)18時30分~19時30分
http://www.jrc.or.jp/information/151126_003964.html

 

 

Concept
tetlaはアルミとプラスチックの複合板による、折りたたみ式の三角形のユニットパネルです。折り目がついた正三角形のパネル同士をファスナーで連結していくことで構造的に強くなり、様々な空間をつくることができます。個人用のtentから、人々が集まるtarp、複数で入ることができるshelterなどにトランスフォームするなど、組み合わせによって様々に変化するプロダクトです。
緊急時は日常利用しているtetlaを海外などの被災地へ支援物資として寄付し、膜のテントよりも安心できる折りたたみパネルのシェルターを送ることができます。断熱シートによってより暖かく、アルミのパネルによってより安心できるシェルターをコンパクトに輸送します。1枚のパネルだけでは弱い構造ですが、多くのパネルが集まれば集まるほど、より強くより大きな空間が生まれます。孤独になりがちな緊急時の状況下で、この小さなパネルが人々の助けと人々のつながりをつくりだす契機となることを願っています。