【Exhibition】 Ieyasu and teamLab: Night Sumpu Castle Ruins and Tower of Floating Light

teamLab Architectsとして設計した、Ieyasu and teamLab: Night Sumpu Castle Ruins and Tower of Floating Light / 家康公とチームラボ、夜の駿府城跡と浮遊する光の天守が駿府天下泰平まつりで展示されます。

地上からのテンションとヘリウムの浮力による張力構造で、球体同士がトラス状につながりながら全体形状を保持しています。

 

 

Concept

108個の浮遊する光の球体(直径2m)により構築された、空中に浮遊するピラミッド­形状(33m×24m×17m)のインタラクティブインスタレーション作品。

家康公は駿府の地を愛し、終の住処として、圧倒的な美しさでそびえる富士山を借景に駿­府城を築城した。光輝いていたとされる駿府城の天守や、その借景の富士山を見立てて、­駿府城天守跡に、浮遊する光のピラミッドを創った。

その光のピラミッドによって、家康公の生涯をモチーフにした光と音楽のショーを展開す­る。また、ピラミッドの中には、球体が浮遊しており、その球体は、人が叩くと、光の色­を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、そのまわりの球体は呼応し、同じ光の色­に変化し音色を響かせる。さらに、次々にまわりの球体が連続していき、ピラミッド全体­の色が変わっていく。

This interactive installation consists of a pyramid (33 x 24 x 17 meters) floating in midair constructed from 108 globes of light (2 meters in diameter).

Shogun Tokugawa Ieyasu loved the land of Sunpu; he built a castle there, against the backdrop of the majesty of Mount Fuji, to be his final abode. As an allusion to the shining towers of Sunpu Castle and the beauty of Fuji, we have created in the ruins of Sunpu’s towers a floating pyramid of light.

In this pyramid of light unfolds a show of light and sound themed on Lord Ieyasu’s life. Within the pyramid float spheres that change color when tapped and emit a noise unique to that color. The surrounding globes then resonate to emit the same colors and sounds, sparking a chain reaction that changes the entire color of the pyramid.

(http://www.team-lab.net/all/other/sunpu.html)

Sep 18 – Sep 27, 2015
Sumpu Castle Park, Shizuoka, Japan