interior

SOLOSAUNA tune

ソロサウナtune

Location

Shinjuku, Tokyo

Program

Sauna

Architect

Aki Hamada Architects (Aki Hamada, Takeshi Tanabe, Sofia Iino)

Sauna

direction: TTNE (Daisuke Akiyama)

Graphic

STUDY (Takahiro Eto)

Fabric

Yuki Tsutsumi

Vihta

Yuji Ueno

Construction

Hakore

Photo

Anna Nagai

「ソロサウナtune」は、東京・神楽坂に立地するホステル内に計画された、個室型のフィンランド式サウナである。プライベート空間のため、着替え、サウナ、冷水によるクールダウン、リラクセーションの全てが、ひとつの個室で完結するのが特徴である。また、事前予約・事前決済の運営により、サウナ室の順番待ちや、冷水待ちのストレスもなく、サウナオペレーションの新しい形といえるだろう。

SOLOSAUNA tune” is a Finnishstyle sauna facility with private compartments inside a hostel building located in Kagurazaka, Tokyo. This private space offers a series of experiences, including changing clothes, taking a steam bath, cooling down with cold water, and having time for relaxation within one compartment. The sauna also features a new style of facility operation through advance reservations and payments, which eliminates the need to wait for a compartment or cold water.

サウナ室に設置した横幅2m、奥行き60㎝のベンチは、通常のパブリックサウナでは体験しづらいような、横になったり、ストレッチをしたり、自由な体勢で自分だけの過ごし方を楽しんでもらうことを意図した。また、ストーブのサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させ発汗作用を促進する入浴法、フィンランド式ロウリュも、好きなタイミングで体験できる。他にも、Bluetoothスピーカーにスマートフォンなどをつないで自分の好きな音楽をかけたり、パーソナライズされた空間で自由に過ごすことが可能だ。クールダウンの水は、チラー(冷却機)によって1年中15前後を維持し、400㎜口径のオーバーヘッドシャワーからは冷水の滝を、シャワーヘッドからは冷水の霧を浴びることができる。

The bench of 2m wide and 60cm deep in each sauna was designed to be a space for users to spend their own time in their own style, lying down or doing stretches, which are typically frowned upon in public saunas. They can also enjoy the experience of löyly at their own timing — a Finnish bathing style, which promotes perspiration by splashing water over sauna stones on the stove to generate steam. More features such as Bluetooth speakers for users to connect their smartphones and play their favorite music offer a personalized space to spend their time freely. The water for cooling down is preserved in a chiller to maintain the temperature at around 15 degrees Celsius throughout the year, offering a cold waterfall from the overhead shower of 400mm in diameter and a cold mist from the showerhead.

集中・瞑想する空間をつくるため、サウナ室内の壁面は、直線的な木材を使った黄金比の組み合わせによって構成し、直線的なフレームに対比するように、数学的に決定した曲率の楕円型の窓を取り付けた。矩形や正円のように完璧な強い形ではなく、おおらかさを持ちながらも厳密に決定された楕円によって、緊張と弛緩の間を揺れ動く状態をつくろうとした。フィンランドサウナの象徴である白樺の若枝を束ねたヴィヒタは、茶室における一輪挿しのように日本的な解釈で生けた。さらに、日の入り時のような光を感じる照明と、幅広のサーキュレーターによる柔らかい微風をつくることによって、都市の中に自然を感じられるような計画とした。

 この「ソロサウナtune」によって、サウナ文化が日本において、より日常的なものとなり、マインドフルネスやウェルネスなどの文脈からも評価され、更に浸透していくことを願っている。

The wall inside the sauna is covered with linear timbers in the golden ratio to produce a space for concentration and meditation, whereas the oval window with a mathematically calculated curvature contrasts with the rectilinear frame. Unlike perfect strong shapes such as rectangles and circles, this precisely-generated oval shape still maintains openness, generating a state that would constantly shift between tension and relaxation. Vihta, a bundle of young white birch that symbolizes Finnish saunas, is arranged under the concept of a single-flowered vase in a Japanese tea room. The lighting with the atmosphere of sunset and the gentle breeze generated by a wide air circulator create a sense of nature within the urban environment.

We hope “SOLOSAUNA tune” would spread the sauna culture as a more common everyday activity in Japan, promoting it further through the notion of mindfulness and wellness.